せどりに欠かせないダンボールの値段

沖縄でせどり・投資等の在宅ワークを楽しむ沖縄女子です(^▽^)

 

せどりに欠かせないもの。

その1つがダンボール箱です。

 

商品を仕入れてきて、

Amazonで販売する。

 

 

AmazonのFBAサービスを利用しているなら、

Amazonの倉庫に送る時。

 

 

自己発送で直接お客様へ商品を発送するのなら

その発送時。

 

いずれにしてもダンボールが必要になります。

 

私の場合は、自己発送する時間や送料がもったいない、

という判断で、全てFBA発送をしています。

 

 

FBAへ送る時には、

できるだけ大きな箱に詰めて、

まとめ発送をしています。

 

 

ダンボール箱のサイズは

140サイズか160サイズを愛用しています。

 

 

せどりには欠かせないダンボール、

皆さんはどのように集めていますか?

 

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_s

 

私の場合は、

ダンボールは購入しています。

 

ダンボールの購入場所は、

主に2つ。

 

店舗で買うか、

電脳で買うか。

 

 

店舗について。

沖縄では、ダンボールはとにかく高いです。

 

購入は、

みつわ産業

(梱包資材専門の問屋さん)

 

メイクマン

(大手ホームセンター)

 

等で入手することができます。

 

140サイズや160サイズのダンボール箱は、

1枚あたり500円から600円ほどの値段です。

 

私は東京・大阪・福岡など、

大都市圏を中心に仕入れに行くこともありますが、

そこの店舗で売られている値段よりも、

沖縄は断然高いです(^^;)

 

 

これぞ離島価格ですね(汗)

 

 

一方。

 

ネットショップでの購入は、

ピンキリではあるものの、

店舗よりも安いことが多いです。

 

 

私が利用しているネットショップでは、

160サイズのダンボールを

1枚250円ほどで購入しています。

 

 

沖縄のような地方への発送は、

別途送料がかかることが多いものの、

私が利用している梱包資材のネットショップでは、

6000円以上の購入で送料無料となります。

 

 

このため、毎月まとめ買いをして

送料無料になるようにしていますよ(^^)

 

私のように地方に住んでいる人で、

ダンボール等の梱包資材を購入したいという方は、

メルマガ読者様にショップをお知らせしているので、

ぜひお問合せください。

5月いっぱいまで、ご紹介したいと思います。

 

 

ダンボール等の梱包資材、

こういう経費も、

できるだけ抑えられる方がいいですよね(^^)

 

経費の節約=利益の増大

に直結します!

 

特に、

資金が少ない時期や

もっと利益を拡大していきたい時には、

経費の節約にも取り掛かりたいものです。

 

 

経費の節約といえば、

ダンボールならもらってくるのが

1番安上がりではあるんですよね。

 

 

次回の記事では、

ダンボールを無料でもらってくる、

という話をもっと

掘り下げて考えてみたいと思います。

 

コメントを残す